CoConuts Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『ランゴリアーズ』


生きていると、今、目の前にあることが「すべての真実」だと
誰だって思う・・・。

時空を超えることが、可能なら
過去にも未来にも自由に行き来できるかもしれないと思ったのは、
10代になる前。

『時をかける少女』・・・になれると、
本気で思っていた頃。

歳を重ねたって、夢見る頃を大幅に過ぎたって、
その記憶は、箱の中にしっかりしまってある。

11月某日の長崎。
「アンデルセン」は、時空を超えた喫茶店

お札が宙を舞い、空き瓶は伸び縮みする。
トランプがその色味を瞬時に変え、私の心は読み解かれる・・・。

時間が、時間を追ってくる。

その場にいた者全員が、
時間軸を飛び越えて、時を駆けたのだと思った。


思ったことは、形になるんだな~と信じきれた、
ステキな時間だった

で、思い出したのがこの作品です



スティーブン・キングのランゴリアーズ [DVD]スティーブン・キングのランゴリアーズ [DVD]
(2008/10/24)
パトリシア・ウェティグ、ディーン・ストックウェル 他

商品詳細を見る
ランゴリアーズ (文春文庫―Four past midnight)ランゴリアーズ (文春文庫―Four past midnight)
(1999/07)
スティーヴン・キング

商品詳細を見る



スティーヴン・キング好きのパートナーが、
私に勧めてくれたのが『ランゴリアーズ』です

子ども部屋での空想が、
大人から言われ続けた虚構が、
現実に魔物となって現れる・・・。

「今」への帰り道を探して、
時間をめぐる闘いが、面白く、そして怖い。


でも、見終わった後は
不思議と「今」がいとおしく感じられるかもしれません

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。