CoConuts Cafe

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Coconuts Cafe へのみち ~way to CHIGASAKI~ Vol.1

アメリカ」という国に憧れていた・・・わけではない。  

でも、なぜかアメリカはいつも心にあった。

子どものころテレビで観た『I LOVE LUCY』の、
キッチンの壁紙のかわいらしさ。

何枚も重ねたパンケーキに、シロップたっぷりの朝食。

キャンベル・スープ缶のコーンポタージュは、
高級輸入品の証。                                                     
          
         sunset・・・

チャーリー・ブラウンのランチボックスには、
ピーナッツバターのサンドイッチと、グミキャンディ。

ハンバーガー、ホットドッグ、バナナサンデーにホットチョコレート・・・

マッシュポテトと粉ふきイモの違いって???

・・・私のアメリカへの想いは、まさに味蕾
目に映るおいしさ、そのすべてに、憧れた。

想いを「形あるもの」にしたいな・・・
それも、ちびくろさんぼのママが作る、
あのバターミルクたっぷりのパンケーキを主役にして。

そうだ
お店、しよう
波乗りたちが集まるお店に。

そこから、始まりました、
Coconuts Cafeへの、みち。

憧れを、夢に終わらせないための方法、
『あきらめないこと』
そして、『ココロがわくわくすることだけを想い描くこと』。

そして、想いが現実となって現れたら・・・
『(何か、目に見えない存在に)任せること』
です、ね

少しずつ少しずつ、
一歩一歩、つくっていきましょう

まずは・・・
海と、パンケーキと、アメリカンハウス。         GOOD!!モーニング (2)
Norman Rockwell HOUSE


潮風に誘われて、
ココナッツと茅ヶ崎へ









スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。